怖いタバコの成分ってしってる?

タバコ
 
 トップページ > タバコの成分

 タバコの成分

いきなりですが質問です。

タバコの害を生み出す成分ですが、あなたは何種類言えますか?

「ニコチン、タール、あとは・・・」という方が多いのではないでしょうか。でも実はもっと沢山あるのです。

あなたが「すっぱー」と一服したとき、何と200種の人を死に追いやる物質が出ています。

ひとつひとつは量がありませんので即死はしませんが、少し辛いいい方をしますとタバコを大量に日常的に吸う事は「じわじわと緩やかに時間をかける自殺」ともいうことが可能です。

自殺

どんなものが含まれているか書きましょう。

「シアン化水素」、俗にいう青酸です。強毒として有名で、殺虫剤に使います。大量虐殺が行われるとき、使われるのがこの気化したシアン化水素なのです。ちょっとぞっとしますね。

あとは、「カドミウム」も多く含みます。金属のひとつで、長期にわたってとりますと大きな健康被害をもたらします。イタイイタイ病がそうです。

ざっくばらんに言いますとタバコは工場の煙突をそのまま吸うにも等しい有害物質を持っていると言えます。

それがわかっても吸い続ける状態をニコチン中毒といいます。禁煙外来でも病気として認定され、保険がつかえる可能性が大です。

綺麗に見えますか?

病院に行かずにタバコを楽にやめるコツ

禁煙グッズヘビースモーカーであるほど、ニコチン中毒になっているレベルが高いため、そう簡単にタバコをやめることはできません。

要はニコチン中毒というのは病気であり、タバコをは麻薬のようなものですから、意志の力だけでやめるのは難しいわけです。

それでもあなたが病院に行かずにタバコをやめたいのであれば、あなたの意志の力をサポートしてくれる禁煙グッズが必要だと言えるでしょう。

自分に合った禁煙グッズを見つけて実践することで、禁煙成功率は上昇します。

もし、どのような禁煙グッズが良いかわからないという場合は、こちらのサイトが参考になると思います。→禁煙グッズ


 │ トップページ | タバコの成分 | 副流煙 | 未成年者とタバコ |
Copyright (C) 2014 タバコの害と病気 . All Rights Reserved.
※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。