タバコの害と病気

タバコ

│ トップページ | タバコの成分 | 副流煙 | 未成年者とタバコ |
 
タバコの害と病気

タバコと病気タバコを吸うことによる害について、あなたはどれぐらい理解しているでしょうか?

誰しもタバコは害がある、体に悪いと聞かせれてはいるものの、本気で信じていないからこそタバコを吸い続けているのではないでしょうか。

さて、タバコは手に入れることもしやすく、吸っている人も多くいますが、冗談抜きで、体への害も大きいものです。

タバコの害は漠然と知っている人も多いですが、タバコはがんになる原因になります。

なぜかというと、煙の中に4000種類もの化合物が含まれていて、その中には遺伝子に傷をつける影響があるイニシエーターが含まれているからです。

そして、さらに恐ろしいのが、プロモーターというできたがんを成長させてしまうものもタバコには含まれています。

これらのように発がん物質は約40種類含まれていますし、発がん促進物質は200種類も含まれています。

タバコを吸うということは、このような物質を体に取り込んでしまうということなので、当然がんになりやすくなりますし、それ以外の病気にもなりやすくなり、その結果寿命が短くなります。

苦しむ寿命が短くなってしまうだけでなく、死の間際は病気に苦しみながら、死ぬということになる可能性が高くなります。

まれにタバコを習慣的に吸っていたのに、病気にならずに長生きをする人がいますが、喫煙者はそういったまれなケースを取り上げて、こういう人もいるから大丈夫だと思いがちですが、それはあくまでラッキーなケースで、タバコを吸うことは体に害を与え、病気になる可能性を上げています。

そしてタバコは吸っている人だけでなく、周りにいる人にも害を与えるものです。

受動喫煙の問題はあまり広く知られていませんが、実は主流煙よりも有毒物質が多く含まれているのが副流煙で、周りにいる人はそんな副流煙を吸わされることになります。(副流煙とは、タバコの先端部分から出る煙のことです。)

それなのでタバコを吸っている人は、知らず知らずのうちに、周りの人に悪影響を与えてしまっています。

タバコは体に大きな害があるものですが、やめることができれば、病気のリスクを減らすことにつながります。

そしてやめることによって、早い段階に出る好影響として、咳などが少なくなり、呼吸もしやすくなったりします。

禁煙の期間を長くすることによって、健康な状態に近づくことは可能ですから、あらゆる手段を講じて禁煙をすることには大きな意味があります。

タバコをやめるだけで大きなお金が貯まり、他の有意義な資金として使うことも可能です。また、タバコの害により病気になるのは辛いことです。

そういうわけで、善は急げ、禁煙は明日からといわず、今すぐ禁煙をはじめてみてはいかがでしょうか?


 │ トップページ | タバコの成分 | 副流煙 | 未成年者とタバコ |
Copyright (C) 2014 タバコの害と病気 . All Rights Reserved.
※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。